HELP FILE

実行中のアクティビティとブレークアウトについてのベスト プラクティスはありますか?

これらのベスト プラクティスを参照して、アクティビティとブレークアウトを最大限に活用しましょう!

開催者向けのセッション前のヒント

  • Google アカウントをセットアップし、自分の資格情報を把握していることを確認します。共同作業機能 (共有されたドキュメントの編集など) を使用するには、Google ドライブが必要です。
  • 配布資料とアクティビティを事前にセットアップします。トレーニング中の時間を節約するために 配布資料アクティビティをトレーニング前にセットアップします。
  • 共同開催者を確認します。セッション前に追加された共同開催者をブレークアウト ルームに割り当てることはできません。セッション中に昇格された共同開催者はブレークアウト ルームに割り当てることができますが、他の開催者機能にはアクセスできません。
  • 参加者の Instant Join を有効にします。自分の設定で、参加者が Web ブラウザーからトレーニングに参加することを許可します。
  • 事前にレッスンの計画を立てます。最大限の関与と制限事項の考慮ができるように、事前に計画を立てることをお勧めします。

すべての参加者向けのセッション中のヒント

  • ご利用のシステムがサポートされていることを確認しますシステム要件を確認して、ご利用のシステムがアクティビティとブレークアウトで確実にサポートされるようにします。
  • Google Chrome を使用します。シームレスにブレークアウトに移行できるように、Google Chrome をデフォルトのブラウザーとして設定します。ブレークアウトを使用せずにアクティビティのみを実行する場合、参加者は Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、または Apple Safari から参加できます。
  • コンピューター オーディオを使用します。すべての参加者の間で最適なオーディオを実現するには、 コンピューター オーディオによって接続します。

開催者向けのセッション中のヒント

  • 別のデバイスからトレーニングに参加します。開催者は、ブレークアウト ルームを使用して共有しているビデオを見ることができます。共有されているものを確認するには、別のデバイスから参加者としてセッションに参加します。
  • 参加者が切断された場合、ブレークアウト セッションを再起動します。参加者が同じブレークアウト ルームに再び参加することが困難であったり、その際に他の問題が発生したりする場合があります。操作性を高めるには、現在のブレークアウト セッションを終了し、参加者が再び参加するのを待って、ブレークアウトを再起動します。
  • ブレークアウトとその参加者リストを確認します。ブレークアウト セッション中に参加者を割り当て直すことはできません。グループ リストを変更するには、ブレークアウトを再起動します。
  • データの目的についてメモをとります (必要な場合)。現在、GoToTraining ではブレークアウトに関する分析を提供していません。