HELP FILE

画面を共有する (Instant Join アプリ)

画面を共有する (Instant Join アプリ)

Instant Join アプリを使用すると、自分の画面 (または特定のアプリケーション) を他のセッション参加者にブロードキャストできます。そのためには、画面共有用のブラウザー拡張機能の一度限りのインストールが必要になります。

画面またはアプリケーションを共有する

注: Web アプリの発表者は、スライドショー モードの使用中に PowerPoint アプリケーションを共有するのを避ける必要があります。参加者への表示に途切れや歪みが生じる場合があるためです。この問題を回避するには、PowerPoint アプリケーションのみではなく、画面全体を共有する必要があります。
  1. Google Chrome v71 以降を実行する場合は、GoToMeeting Pro 画面共有拡張機能をダウンロードしてください。
  2. ツールバーの [画面] ボタンをクリックします。このアイコンが表示されない場合は、開催者に依頼して 発表者にしてもらう必要があります。
  3. 画面全体を他の参加者にブロードキャストするか、特定のアプリケーションを選択します。ただし、前者の場合は、現在開いているすべてのアプリケーションが共有されます。必要なアプリケーションが表示されない場合は、その時点で最小化されていないことを確認してください。
  4. [共有] をクリックします。
  5. 画面がセッションの他の参加者に共有されている間は、自分の画面が他の参加者から見える状態にあることを知らせるフロート表示の通知が表示されます。必要に応じて、[非表示] をクリックしてウィンドウを最小化できます。

画面共有を停止する

画面共有を停止するには、次のいずれかの操作を行います。
  • ポップアップ ウィンドウで [共有を停止] をクリックします。
  • [画面] ボタン をクリックすると、灰色表示になります。

Chrome 用の画面共有拡張機能をダウンロードする

Instant Join アプリの使用中に発表者が画面またはアプリケーションを共有できるようにするには、最初に GoToTraining 画面共有用のブラウザー拡張機能をインストールする必要があります。このダウンロードは (拡張機能をアンインストールしない限り) 再び行う必要はありません。