HELP FILE

DNS サーバーに TXT レコードを追加する

LogMeIn でドメイン組織を定義するには、特定のメール ドメインについて会社の所有権を検証する必要があります。その方法の 1 つは、ドメインの DNS 設定にテキスト レコードを追加することです。LogMeIn はサーバーに問い合わせて、所有権の確認応答を受信できます。または、検証文字列を含むプレーンテキスト ファイルを Web サーバーのルートにアップロードすることもできます。詳細については、「組織センターでドメインを設定する」を参照してください。

TXT レコードには、ドメイン外部のソースを対象にした情報が含まれています。このテキストは、人間またはコンピューターが読み取り可能で、ドメインの所有権の確認、SPF による送信者の確認、デジタルメール署名の追加、スパムの送信の阻止など、さまざまな目的で使用できます。

注: 検証するドメインが複数存在する場合、各ドメインのテキスト レコードを追加する必要があります。

ドメインのホストを特定する

ドメインをホストしている人が不明な場合、見つけるための簡単な方法があります。次の例では、オンライン ユーティリティ サイト Whois を使用しています。

  1. whois.com を開きます。

  1. [Whois] をクリックして、ドメイン名を入力します。[Search] をクリックします。

  1. 結果から、サイトのネーム サーバーを特定します (例: CDCSERVICES.com)。これがドメインのホストです。

TXT レコードを追加する

  1. テキスト レコードをドメインに追加する方法は、ホストによって異なります。テキスト レコードをドメインに追加するための一般的な手順は次のとおりです。
  2. ドメインのホストで、ドメインのアカウントにサインインします。
  3. ドメインの DNS レコードを更新するページを見つけます。このページは、DNS 管理ネーム サーバー管理詳細設定などの名前になっています。
  4. このページでドメインの TXT レコードを見つけます。
  5. ドメインおよび各サブドメインの TXT レコードを追加します。「ユース ケース」を参照してください。
  6. 変更を保存して、反映されるまで待ちます。通常は非常に早く、1 分以内で反映されますが、72 時間かかることもあります。
  7. 変更が反映されたことを確認できます。システムのコマンド ウィンドウを開きます。

Unix および Linux システムの場合:

$ dig TXT main.com

Windows システムの場合:

c:\> nslookup -type=TXT main.com

  1. 応答は単独行に表示され (別の行には追加されません)、次のようになります。

main.com. 3600 IN TXT "logmein-verification-code=976afe6f-8039-40e4-95a5-261b462c9a36"

 

ユース ケース

ドメイン main.com のドメイン検証 (2 種類の方法を示します)。

名前 TTL* タイプ 値 / 回答/ 宛先
@ 3600 IN TXT "logmein-verification-code=976afe6f-8039-40e4-95a5-261b462c9a36”
main.com 3600 IN TXT "logmein-verification-code=976afe6f-8039-40e4-95a5-261b462c9a36”

mail.main.com のサブドメインの検証。

名前 TTL* タイプ 値 / 回答/ 宛先
mail.main.com 3600 IN TXT
“logmein-verification-code=976afe6f-8039-40e4-95a5-261b462c9a36”

* TTL (Time To Live) は、TXT レコードの変更が反映されるまでの秒数です。