HELP FILE

画面を共有する (Windows)

発表者はセッション中に画面を共有できます。そのため、ドキュメント、プレゼンテーションなど、参加者に提示したいものを何でも提示できます。1 台以上のモニターや場合によっては 1 つのアプリケーションを共有することもできます。また、参加者に提示しているコンテンツに集中できるように、アイコンやタスクバーを非表示にし、背景に何もないクリーンな状態の Windows デスクトップを表示することもできます。

画面を共有する

  1. [画面共有] ペインで、ドロップダウン メニューを使用して共有したい画面の部分を選択します。

    • メイン モニター、セカンダリ モニター、または両方のモニターの画面 – 1 台または 2 台のモニター (複数が設定されている場合) の画面全体を共有します。続行する前に、共有したくないウィンドウがあれば必ず閉じてください。
    • [クリーン画面] チェックボックス、またはメイン モニター、セカンダリ モニター、または両方のモニター (クリーン) – 画面が共有されますが、背景、タスク バー、デスクトップ アイコンは非表示になります。続行する前に、共有したくないウィンドウがあれば必ず閉じてください。
    • アプリケーション – 選択した特定のアプリケーションのみが共有され、画面の残り部分は非表示になります。
    • Rectangle (ラボ) – 画面の特定の部分のみが共有されます。共有される部分は、画面付近に表示されている枠を動かすことで指定できます。このオプションはドロップダウンメニュー内でのみ使用できます。
      注: Mac の開催者は、[画面 (クリーン)] および [四角形 (ラボ)] を使用した共有を利用できません。Mac で PowerPoint プレゼンテーションを共有する場合は、最初にプレゼンテーションをスライド ショー モードにし、次に [アプリケーション] ウィンドウで [PowerPoint スライド ショー] を選択します。この操作を行わない場合、参加者にはスライド ショーではなく、メインの PowerPoint ウィンドウが引き続き表示され、表示されるスライドが切り替わりません。

  2. [再生] ボタン をクリックすると、画面が参加者にブロードキャストされます。いつでもドロップダウン メニューを使用して、画面のどの部分を共有するかを変更できます。
  3. 「オンエア - 画面表示中」というメッセージが [画面共有] ペインの上部に表示され、[再生] ボタン が [一時停止] に切り替わります。

画面共有を一時停止/再開する

画面共有を一時停止すると、現在表示されている画面の画像が動かなくなり、この状態はブロードキャストを中止または再開するまで続きます。
  1. [画面共有] ペインで、[一時停止] ボタン をクリックします。
  2. 「一時停止しました」というメッセージが [画面共有] ペインの上部に表示され、[一時停止] ボタン が [再生] に切り替わります。共有を再開するには、[再生] ボタン をクリックします。

画面の共有を停止する

画面の共有を停止すると、参加者には再び廊下と、開催者の画面が共有されていないというメッセージが表示されます。[画面共有] ペインで、[画面の表示を停止] ボタン をクリックします。